【ハンドメイド】HAYのgym風フックハンガーを作る!

  • LINEで送る


こんにちは!ハロです!

インテリアブランド、大好き!!ですが、そこまでお金をかけられないのも事実です。(凡人なので)

そこで今回は、高ければ似たものを作ってしまおう!という

【○○風を作る】企画です!笑



シンプルなデザインが素敵過ぎるHAY。の【風】を作る。

私のブログを呼んで下さる方はきっとインテリアがお好きな方だと思うので、きっと知っているであろうブランド【HAY】。

シンプルで尖っていて本当に素敵。

HAYの商品を見てみる。

ただ、本当にお値段が高い…!

気軽に買える代物じゃ、ありません。流石。

今回作る【風】のGYMのフックも例外なく素敵なお値段なので、気軽に飾れるように自分で作りました。

材料はこれだけ。

  • ウッドリング
  • やすり
  • 画びょう
  • ボンド
  • お好みでカラーリングするもの

ウッドリングは手芸店などでも買えるかもしれませんが、ネットなら探し回らなくていいから楽ですね。

ちなみに、HAYのフックは外径でSが95mm・Mが124mm・Lが182mmです。

見た感じamazonの方がサイズが豊富かな?値段もそこまで高くないです。

amazonでウッドリングを探す!

rblog-20171212152511-02.jpg

特にどうってことないボンドと画びょう。

画びょうは昔ながらのタイプのものを使います。



作り方。

さて、材料を見たらもう敢えて説明するほどのものでもないですが、説明します!

リングをやすりで削ります。

出来るだけ平らになるようにまっすぐ!削ってください。

rblog-20171212152511-00.jpg

奥が削る前、手前が削った後のもの。

gymより小さく細いのは、致し方なくご愛嬌です!あくまで風ですからね!!

このウッドリングは外径70mmのものを使っています。本家のSより小さいですね。

今回は黒くしてみました。

例のダイソーのスプレーで黒くします。

例のダイソーのスプレーについてはコチラの記事参照。

⇒⇒⇒【ほぼ0円ハンドメイド】海外インテリアでよく見るまつ毛を自作

rblog-20171212152511-01.jpg

画びょうを削った面にボンドで引っ付けて

rblog-20171212152511-03.jpg

出来上がりです!

飾ってみた。

さっそく飾りました。

飾りたかったのはこちらの電球。セリアで購入したものです^^

rblog-20171212152512-05.jpg

この電球、ダイソーでも見かけるようになった気がします。

乾電池式でどこでも明かりを点けられるので便利な商品。

しかも、おしゃれ。そして、真っ白。

rblog-20171212152512-06.jpg

画びょう一つで支えているので、あまり重たいものには向きません。

この程度の電球なら大丈夫。

画びょうを増やせばもう少し重いものもいけるかな?

rblog-20171212152512-08.jpg

ここは一階から階段を上ってすぐのスペースです。

買ってきた当初は、こんなところにイスを置く意味が分からん!と旦那ちゃんに冷やかされてばかりでしたが

そんな旦那ちゃん、たまにこのイスに座っています(笑)



素敵インテリアもアイディア次第!

rblog-20171212152512-07.jpg

これはハンドメイドというより、アイディアに近いですね。

コートなど重たいものは無理ですが、帽子などちょっとしたものなら【風】で十分^^

お金を掛ければそりゃあ素敵になりますけど、お金を掛けなくたって出来ることは、ある!!

それに、本家は壁にガッツリ穴を開けるので勇気が要るし、現状復帰が必要な賃貸住宅での設置は難しそう。

これなら画びょうなので小さな穴で済むし、賃貸の方も気兼ねなくHAY風が楽しめます♪♪

好みの大きさのウッドリングさえ見つかれば、あとは簡単DIYだけ。

色だって好きな色にできますしね♪

おすすめのハンドメイドです^^

ぜひ作ってみて下さいね!

この記事は旧ブログ【凡人が素敵なインテリアを目指すブログ。】の記事を修正・加筆してお送りしました。


にほんブログ村 インテリアブログ 白黒インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ モノトーンインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村


最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

それではまた!^^



  • LINEで送る